1週間 で 二重あご を 簡単 に なくす 方法!

生徒

鏡でふと自分の顔を見ると、二重あごが目立つようになってきました。太らないように心がけているのですが、どうしてでしょうか?

先生

二重あごになるのは肥満だけが原因ではなく、他にもいくつかの要因があります。二重あごがどうしてできてしまうのか、どうしたらすっきりできるのかを、今回は見ていきましょう。

二重あごは肥満だけが原因というわけではなく、姿勢の悪さも原因の一つです。太っている人に二重あごは多いですけど、やせているのに二重あごという人も少なくありません

二重あごは脂肪だけが原因ではありません。仕事に集中してくると、つい前のめりになってしまいますよね。首まで前のめりになると、あごに老廃物もたまりやすくなり、二重あごにつながってきます。

二重あごは、表情筋を鍛えて、血行を良くすることで解消できるので、このやり方を試してみてください♪

二重あごのタイプは4タイプ

冒頭でもご紹介した通り二重あごの原因はさまざまで、タイプも1つではありません。まずは、あなたの二重あごは何タイプかを知っていきましょう。

1.ぽっちゃり脂肪タイプ

1つ目は、ぽっちゃりさんに多い脂肪がついているタイプです。

このタイプに当たる方は以下に該当する傾向にあります。

  • 食べることがとにかく大好き
  • 身体を動かす、歩くのは好きじゃない
  • お昼間に眠気がくることが多い
  • 常に身体にだるさがある
  • いびきをかく癖がある

「太っている」というほどでもないからと油断していると、どんどん二重あごが加速するので要注意ですよ。

2.むくみタイプ

2つ目は女性に多いむくみタイプです。以下に該当する傾向にありますよ。

  • 手足に冷えを感じる
  • 夕方になると靴がきつく感じる
  • 肩こりが慢性的である
  • 塩分が多い食べ物がすき
  • 仕事中などあまり会話をしないことが多い

むくみがある方は代謝が落ちがちですので、ダイエットにも不向きになってしまいます。逆にむくみタイプの方が二重あごを解消させられたら、小顔効果も期待できますよ。

3.隠れ老化タイプ

3つ目は隠れ老化タイプです。老化というほど大きな変化がないため、気づいていない方がほとんどです。以下が該当項目ですよ。

  • 大きな口をあけて笑うことがない
  • 喜怒哀楽などが顔にでづらい
  • 滑舌が良くない
  • 早口言葉などが苦手

まさにお顔の表情筋を使っていない方が該当するのがこのタイプです。

【素敵な笑顔の作り方】今日からできるトレーニング

4.生活習慣が悪いタイプ

4つ目は生活習慣が悪いタイプです。

簡単に言うと常に猫背で姿勢が悪い方を指します。このような方ってせっかくお顔がきれいでも、魅力が半減してしまいますよね。では、該当項目をご確認ください。

  • 座り仕事でパソコン画面をほぼ見ている
  • スマホを長時間さわる癖がある
  • 猫背であり肩こりがひどい
  • 後頭部から首の後ろがいつも凝っている
  • 腰痛持ちである

こちらのタイプの方は、二重あごが解消すれば、つらい肩こりや腰痛も気づかないうちに楽になっていることが多いですよ。

先生

自分がどのタイプかをチェックしてみましょう!

広告

二重あごをなくす方法

それでは二重あごのタイプが分かったところで、二重あごを解消する方法を順番にご紹介いたします。

1.二重あご解消マッサージ

まず1つ目は表情筋などに刺激を与えるマッサージを中心としたエクササイズです。痛気持ちいいなと感じる力加減で、お風呂上りなどに試してみて下さい。ではやり方は以下をご覧ください。

  1. 首の根もとから、あごの下まで、手の甲でぐるぐると押し上げるように10回さすります。
  2. 手の甲であごの中央から耳の根もとまで押し上げるように左右一緒に10回マッサージ。
  3. あごの中央から左右の耳の根もとまで両手の指でつまんだり、離したりと細かく繰り返しながら10回やります。
  4. 手のひら全体をつかって、ほおに両手をあてて、上の方にひっぱりあげるように10回さすります。

2.フェイスラインマッサージ

2つ目はマッサージケアから、表情筋を緊張させ発声と共に行うエクササイズですよ。

  1. 親指の腹と人差し指の背で、顎の中央から耳の根本まで押し上げるようにさすります。10回ぐらい行いましょう。
  2. 頬骨をなぞるように、小鼻の横から耳の根本までなぞります。5回ずつ行いましょう。
  3. 顔を真上に向けて、あごやフェイスラインの筋をピンと張ります。「い、い、い、い」と発声するのを10回×2セットしてください。

しっかりと口角を広げることがポイントです

先生

マッサージを行うときにはクリームをつけて、すべりを良くしてから行ってください。肌の摩擦が大きいとシワや黒ずみを引き起こしてしまうかもしれません。

3.舌トレ

次は舌を動かすことで表情筋にアプローチするエクササイズです。舌を動かす筋肉(舌筋)と首の筋肉を繋がっているので、しっかりと動かすことで二重あご解消に努めましょう。

  1. 舌が自分で見えるぐらいまで、舌を前に伸ばします。両肩を下に下げて、5秒キープします。
  2. 舌を下に出します。両肩を下に下げて、5秒キープします。
  3. 舌を上に出します。両肩を下に下げて、5秒キープします。
  4. 舌を右に伸ばします。左肩だけを下げて、5秒キープします。
  5. 舌を左に伸ばします。右肩だけを下げて、5秒キープします。
  6. 舌を5秒かけてぐるっと口の周りを回します。左右1回転ずつ行います。

4.姿勢改善で二重あご解消

姿勢が悪いと二重あごになりやすいというのは、生活習慣が悪いタイプのくだりでご紹介しましたね。

ただ自分で姿勢を意識してもなかなか治りづらいものです。そこでエクササイズを取り入れて姿勢改善サポートをし、二重あごとさよならしましょう。ではやり方をご紹介しますね。

  1. 身体の体幹、おへそ辺りを意識して正しい姿勢で立ちましょう。
  2. バストトップが二の腕のちょうど真ん中にくるように意識して胸をはります。
  3. 利き手でピースサインを作り、あごの前に2本の指をあてて下さい。
  4. あごにあてた指であごを押し込みようにして、頭ごと平行に後にスライドさせましょう。

このエクササイズで大切なポイントは3つです。

  • エクササイズ前にしっかり姿勢を正しておくこと
  • 胸をはる正しい姿勢を作ったら、腰が沿っていないかチェックすること
  • あごをピースで押す際、俯いたり顎があがったりせず平行に動かすこと

上記のエクササイズを20回ほど行った後は、エクササイズの効果が出ているかどうかをチェックしてください、

(チェック方法)
1.両手を鎖骨におき、右手は右肩、左手は左肩へ胸を広げるイメージでスライドさせましょう
2.耳の穴の位置と肩の位置がまっすぐになればokですので、鏡でチェックしましょう

悪い姿勢を良くする方法

5.首の筋肉ストレッチで二重あご解消

最後にご紹介するのは首の前側に斜めに走る「斜角筋」という筋肉のストレッチです。

首のコリを取り除くだけでなく、首周り・あごまわりをすっきりさせて、二重あごを解消させてることができますよ。では早速やっていきましょう。

  1. 椅子などに座って、右手で左の鎖骨部分に指をひっかけます。
  2. 首を後に反らして、左に首を回し、左の首の前を伸ばしましょう。
  3. 左手のひらを左の下顎に置き、押し上げながらさらに首を伸ばしていきます。
  4. 左手で右の鎖骨部分に指をひっかけます。
  5. 首を後に反らして、右に首を回し、右の首の前を伸ばしましょう。
  6. 右手のひらを右の下顎に置き、押し上げながらさらに首を伸ばしていきます。

首の前側から鎖骨にかけてのラインが伸びているなというのを感じながら、少しずつやってみて下さいね。あまりグイグイ引っ張ると筋肉を傷める可能性もあるので、10秒伸ばしたら休むといった具合に、無理のないところでやっていきましょうね。

生徒

どれも簡単にできますね!お風呂の時間などを利用して取り組んでいけそうです!

クリームも使用しましょう

顔に何もつけない状態でマッサージをすると、手の力で、肌に摩擦をかけてしまうことになります。

必要以上の摩擦は、顔に余計なシワやたるみを作ってしまうことにもつながってしまうので、マッサージクリームを顔に塗った上でマッサージなどに取り組むようにしましょう。

フェイシャルケアのクリームの中で、当サイトでおすすめしているのは「EBMスキンクリーム」です。

このクリームは、オリコン顧客満足度ランキング・エステサロン総合部門「効果の即効性」第1位を獲得しているエステサロンで実際に使われているものと全く同じ商品です。現場のエステティシャンが、自分用に買って買えるほど人気商品で、累計120万個以上販売されています。

「全額返金制度」もあるため、使ってみた上で、返品するか利用するかを選べるので、自分に合うか不安だという方にも安心だと思いますよ。

>>「EBMスキンクリーム」の公式サイトへ

おわりに

二重あごのマッサージはいかがでしたか?

顔のマッサージをするときは、摩擦で肌に負荷をかけすぎることがないようにクリームを使用して行いましょう。手のすべりもよくなるのでスムーズですよ。つい二重あごを一気になくそうとして、力んでしまう人も中にはいるのですが、強い力を肌にかけすぎてしまうと、さらなるしわやくすみ、たるみの原因になりかねません。

力加減を意識しながら行ってくださいね。