深いしわが刻まれる「ゴルゴ線」の原因と改善する2つの方法

年齢とともに目じりやほうれい線などいろいろなしわが気になりますが、ゴルゴ線といわれる深いしわをご存知でしょうか?ゴルゴ線は年齢問わず、若い人にもできるという厄介なしわです。今回は気になるゴルゴ線ができてしまう原因やその改善方法をご紹介したいと思います。

広告

「ゴルゴ線」って何?

ゴルゴ線ってご存知でしょうか?
目頭から頬にかけて刻まれる深いラインのことをそう呼んでいるのですが、ゴルゴ線という名前の由来は、漫画「ゴルゴ13」の主人公の顔にある特徴的なラインと同じため、そう呼ばれています。

正式には「ミッドチークライン」といいます。

ゴルゴ線はほうれい線同様に顔の中でもとても気になってしまう深いラインですが、年齢問わず若い人にもあらわれてしまい、実年齢より老け顔に、さらに疲れて見られます。
メイクで隠すことも難しいので厄介な存在です。

最近ではゴルゴ線に悩む女性が増加中なんです。

ゴルゴ線は表情筋やその上にある皮膚のゆるみや皮下脂肪の垂れ下がり、皮膚組織が減少することでできてしまった溝で、しわではなくくぼみによるラインです。

深いしわが刻まれる「ゴルゴ線」の原因と改善する2つの方法

ほうれい線との違い

顔の中で気になるラインといえば、ほうれい線もそうですね。
どちらも老けて見える原因ですから、女性の敵といえるでしょう。

ゴルゴ線とほうれい線は見た目も似ていますしし、原因も似ているのですが全く別物です。

ゴルゴ線は簡単にいえば、たるみによってできたくぼみですが、ほうれい線は表情によってできる溝が深く長くなったものです。
どちらも予防改善はできるのですが、ほうれい線はどんなに予防改善したとしても完全になくすことはできませんから、より厄介な存在といえるでしょう。

広告

ゴルゴ線ができる原因とできやすい人

ゴルゴ線の原因はいろいろあり、それらが複合しあっていることが多いようです。

肌弾力の低下

真皮にはコラーゲンとその周りにエラスチンがあって皮膚を支え、ハリや弾力を作っています。
ところが紫外線や乾燥によりコラーゲンが切れたり、年齢によるコラーゲンの減少によってお肌は弾力を失います。

こういったお肌の弾力低下によってあらわれます。

表情筋の衰え

顔には約57種類の表情筋があり、これらを使うことでいろいろな表情を作り出しています。
日本人は欧米人と比較すると、あまり表情筋は使われていないそうです。

表情筋も体の筋肉同様に使わなければどんどん衰えてしまいます。

ゴルゴ線に関係する表情筋は大小頬骨筋と上唇拳筋の2つです。
この2つが衰えることで、ゴルゴ線ができてしまいます。

疲れ目

最近ではスマホの使用も合わせると、かなり目を酷使している人が増加しています。
疲れ目は目の周りの血流を悪くするので、しわやクマの原因に。

また巡りが悪くなるだけでなく筋肉も凝り固まるので、肌弾力の低下=ゴルゴ線となるのです。

こういったことから考えられるゴルゴ線ができやすい人は、オフィスワークなどで長時間パソコンを使っている人、スマホをよく使う人、表情が豊かでない人、目が大きい人などです。

目が大きい人は目力があって魅力的なのであこがれる女性も多くいますが、目の周りへの負担が大きくトラブルが起こりやすい傾向にあります。

喫煙習慣がある

喫煙も原因のひとつです。

喫煙は百害あって一利なしといわれるように、健康被害だけでなくお肌にもいろいろな影響を与えます。

喫煙は体内の活性酸素を増やしたり、ビタミンC欠乏状態を作り出します。
ビタミンCはコラーゲン生成に欠かせない栄養素なので、ビタミンCが欠乏することでお肌を支えるコラーゲンにまで影響が出てしまい、肌弾力の低下を招きます。

深いしわが刻まれる「ゴルゴ線」の原因と改善する2つの方法

ゴルゴ線を改善する方法

年齢に無関係でできるゴルゴ線。
自宅で簡単にできる改善方法をご紹介したいと思います。

表情筋を鍛える

表情筋の衰えはゴルゴ線に直結します。
筋肉はいくつになっても鍛えられるので、いつからはじめてもOKです。

1.にっこりと笑顔を作り、頬を上げる
2.そのままで口角を引き上げるように、「にー」と声を出す
3.頬が下がらないよう意識しながら顔が疲れるまでキープする

1日2回程度で良いので、毎日続けましょう。

目を休める

酷使しがちな目をしっかり休めることもゴルゴ線改善になります。

普段パソコンやスマホで目を酷使している人は、20分おきに約6メートル先を20秒見つめながら20回瞬きをしましょう。
たったこれだけですが、アメリカの医師が発案したエクササイズなので実践してみましょう。

また疲れ目を解消するためには温めも有効です。
蒸しタオルや専用のアイマスクを使って温め血行促進しましょう。

ゴルゴ線は1度できると改善には時間がかかります。
今はまだない人も今後できてしまう可能性がありますから、表情筋を鍛えたり目の疲れをしっかり取るといった早めの対策をしていきましょう。