超簡単なのにほうれい線に効くエクササイズ

鏡を見るとほうれい線ができていて焦った経験がある人もいるのではないでしょうか。

ほうれい線は年齢とともに濃くなるイメージがありますが、20代や30代でもほうれい線に悩んでいる人は少なくありません。

ここでは、その原因と簡単にできる解消エクササイズについてご紹介いたします。

広告

ほうれい線ができる理由

ほうれい線は小鼻から顎にかけてあるシワです。年齢を重ねた人に現れると思われていますが、年齢に関係なくほうれい線に悩む人は多く、たくさんの女性にとって悩みの種となっています。

では、ほうれい線ができる原因は何なのでしょうか。ほうれい線に悩んでいる人は、原因に心あたりがないかを確認してみましょう。

皮膚のたるみ

紫外線や老化の影響で肌のハリや弾力を守るコラーゲンやエラスチンの量が減少したり、乾燥で肌の水分量が低下したりすると、肌はハリを維持できなくなってたるみます。

頬や口元の肌がたるむと、周りの皮膚と段差ができてほうれい線が目立ちます。

表情筋の衰え

顔の皮膚の下には「表情筋」という筋肉があります。通常、表情筋は顔の皮膚を支えてハリを守る役割がありますが、年齢などの影響で表情筋の筋力が衰えると、ハリを維持できなくなって皮膚がたるみます。

皮膚がたるむと、ほうれい線などのシワが現れて、老けて見えるのです。

むくみ

血行不良や塩分過多などで顔のむくみが慢性的になっている場合、口元に浅いシワができているように見えることがあります。

特に、20代前半などで口元のシワが気になる場合はむくみが原因であることも多いです。

生活習慣

生活習慣はほうれい線の原因である皮膚のたるみや表情筋の衰え、むくみと大きく関わっています。

食生活

塩分の多い食べ物などを過剰に摂取していると、むくみが現れます。また、やわらかいものばかりを食べていると、噛む回数が減少し、表情筋が衰えてほうれい線が目立つこともあるでしょう。

姿勢

猫背になったり、姿勢が歪んでいたりすると、血行が悪くなってむくみが出たり、肌に栄養が行き渡らずにコラーゲン・エラスチンの生成が妨げられたりする可能性があります。

さらに、毎日左右どちらかを向いて寝ていたり、同じ方を向いて頬杖をついたりしていると、押しつぶされた方の頬にほうれい線のようなシワがでることもあります。

紫外線

紫外線対策が不十分な人もほうれい線ができやすいです。紫外線に当たると、肌のハリや弾力を守るコラーゲンやエラスチンが破壊されます。

これらが減少すれば、ハリを維持できなくなってほうれい線につながります。

乾燥

肌の乾燥もほうれい線の原因の一つです。スキンケアが不十分だったり、周りの空気が乾燥していたりすると、肌の水分量も低下します。

水分量が低下すると、肌の細胞がスムーズに生まれ変わりません。十分に新しい細胞が作られなくなれば古い角質が溜まって肌がゴワゴワと硬くなり、弾力が失われてほうれい線などのシワが目立ちます。

乾燥を放置し、古い細胞が肌に残ると、コラーゲンやエラスチンの減少にもつながるので、ほうれい線がさらにひどくなるでしょう。

超簡単なのにほうれい線に効くエクササイズ

ほうれい線に効くエクササイズ

ほうれい線が気になってきたら、簡単にできる顔のエクササイズを行ってみましょう。顔のエクササイズを継続的に行うと、血行が良くなって肌を支える表情筋も鍛えられるので、シワやたるみを予防できます。

舌回しエクササイズ

舌回しエクササイズには顔の血行を促進する効果があります。血行が良くなると肌が元気になるので、たるみを予防でき、老廃物の排出によるむくみの改善も期待できるでしょう。

舌回しエクササイズのやり方

1.口を閉じたまま、舌を右の頬に付けます。
2.舌を上あご、左頬、下あご、右頬の順にゆっくりと回します。
3.20回繰り返します。
4.反対側も同様に20回舌を回します。

あいうえお体操

あいうえお体操は顔を大きく動かすことによって表情筋の筋力アップを目指すエクササイズです。恥ずかしがらずに、思い切り顔の筋肉を動かすと、効果を実感できるでしょう。

あいうえお体操のやり方

1.目と口を大きく開いて「あー」と発音します。
2.頬を上げるように意識しながら「いー」と発音します。
3.口を思い切り前に出して「うー」と発音します。
4.舌を上に向けながら「えー」と発音します。
5.口を大きく開けて鼻の下を伸ばしながら「おー」と発音します。

一つの音につき10秒間顔の状態をキープすることを目標に体操すると、効果が高まります。

どこでもできる簡単エクササイズ

仕事中などにほうれい線対策をしたいときはどこでもできる簡単エクササイズを行いましょう。

どこでもできる簡単エクササイズのやり方

1.口を閉じながら、思い切り頬を吸い、10秒キープします。
2.頬に空気をためて10秒。
3.3回ずつ繰り返します。

頬を上げるエクササイズ

顔全体の皮膚が垂れてしまっている人は頬の皮膚を上げるエクササイズを試してみましょう。頬が持ち上がると、自然にほうれい線が目立たなくなります。

頬を上げるエクササイズのやり方

1.唇を突き出し、頬を持ち上げて30秒間キープします。
2.普通の顔に戻ります。
3.口を開けて頬の皮膚を伸ばし、5秒キープします。
4.元の顔に戻ります。
5.3セット行います。

割り箸エクササイズ

ほうれい線対策を頑張りたい人は割り箸を使ったエクササイズにもチャレンジしてみましょう。

割り箸エクササイズのやり方

1.割り箸を横向きにして口にくわえます。
2.口角を上げて20秒間キープします。
3.口角を元に戻します。
4.10回繰り返します。

広告

スキンケアも重要!

ほうれい線を解消したいときはエクササイズだけでなく、スキンケアも大切です。

乾燥対策で肌にハリを与える

ほうれい線が気になり始めたら、保湿を重視したスキンケアを行いましょう。

肌の水分をキープできるセラミドや肌にハリを与えるコラーゲンが配合された化粧品を使うと、ほうれい線の改善に効果を期待できます。

ほうれい線対策におすすめのスキンケア

ほうれい線に悩んでいる人は肌にハリを与えてくれる美容液を使うのもおすすめです。

「トワエッセ」は肌を潤いで満たす成分が豊富に含まれているので、乾燥が原因で目立つほうれい線の改善に役立ちます。

創業101年の老舗化粧品会社が本気で開発をした美容液で、医学誌にも掲載され実力が認められています。30日間の返金保証期間があるので、まずは試してみて損はないと思います。

ほうれい線が濃くなってしまっている人もエクササイズとトワエッセの使用を並行して行うと、少しずつ肌にハリが出てくるでしょう。

超簡単なのにほうれい線に効くエクササイズ

コツコツ努力してほうれい線の悪化を食い止めよう

ほうれい線があると、年齢以上に老けて見られることが少なくありません。鏡を見たときにほうれい線が気になったら、毎日のエクササイズやスキンケアでほうれい線の改善を目指しましょう。

コツコツと努力をしていると、ほうれい線の悪化を防げて、若々しい美肌をキープできますよ。