効果てきめん!目の下の濃いクマを解消する方法

目の下のクマには種類があります。クマは皆同じではないのです。ですので対処法も異なってきます。クマがあると、疲れて見えたり、寝不足、病気?と周囲を心配させてしまうことも。

クマをスッキリ解消して、健康的に見えるようにしましょう。

広告

目の下のクマの種類

クマには大きく分けて3種類があります。

茶グマ

色素沈着によるクマです。茶グマかどうかチェックする方法は、目尻を軽く引っ張ってもクマの色が変わらない特徴があります。

青グマ

血行不良によるクマです。青グマかどうかチェックする方法は、目尻を軽く引っ張っているとクマの色が薄くなる特徴があります。

黒グマ

弛みや皮膚の凹みなどの影によるクマです。黒グマかどうかチェックする方法は、上を向いた時にクマの色が薄くなる特徴があります。

目の下のクマの原因

ではそれぞれのクマの原因にはどんなことが考えられるのでしょう?

茶グマの原因

色素沈着によるクマなので、目を擦ってしまうことや紫外線ダメージが原因で起こります。例えば、アトピー性皮膚炎、乾燥、化粧品が刺激となって痒くなって何度も搔いてしまうことで、皮膚が刺激から守ろうとメラニン色素が作られてしまい、色素沈着をおこして茶グマへとなっていきます。

青グマの原因

血行不良によるクマなので、寝不足、疲れ、貧血、冷え性などで血流が悪くなってしまい、それが皮膚を透けて青黒く見えてしまいます。色白の方は特に目立ちやすいです。

黒グマの原因

弛みや皮膚の凹みが影となって出るクマです。皮膚の色が変わるというよりは、弛みや皮膚の凹みが影となって、目の下に現れてきます。涙袋の大きい方は特に実感しやすいでしょう。

年齢を重ねるほど弛んできたりすると現れやすくなります。

広告

種類に合わせた解消法

それではそれぞれのクマの症状に合った解消法をご紹介します。

茶グマの解消法

色素沈着によるクマなので・・・

1.美白効果のあるコスメを使う

目の周りは他の皮膚と違って薄いです。なので、目元専用もしくは目元も使える美白化粧品を使いましょう。

美容皮膚科などで処方されるハイドロキノンも効果があります。その時によって、ハイドロキノンとトレチノインの併用もありますが、目の近くなので濃度を薄くして、注意しながら使用します。

2.目を極力擦らない

アトピー性皮膚炎、花粉症、アイメイクなどでつい目を擦ってしまうことはありませんか?それが習慣化されると、目の皮膚が肌を守ろうとメラニン色素を作って茶グマになってしまいます。極力擦らないようにしましょう。

3.アイメイクをしっかり落とす

アイメイクが残っていると、それが刺激となって痒くなったりくすむ原因にもなります。アイメイクをしたら、専用リムーバーでしっかり落としましょう。洗顔しても残っているようではダメですよ!

4.紫外線対策をしっかり行う

紫外線が当たることでメラニン色素が作られていきます。日焼け止めをしっかり塗り、サングラス・帽子・日傘などでしっかり紫外線が当たらないようにする努力も必要です。

効果てきめん!目の下の濃いクマを解消する方法

5.場合によってはレーザーや光治療も可能

メラニン色素を作らせない、出来てしまったメラニン色素を排出する効果があります。

6.ビタミンCの摂取

ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれます。ビタミンCは一度に多量に摂取しては、体外に排出されてしまうので、小まめに少量ずつ摂取します。

イチゴ、キウイ、レモン、ブロッコリー、赤ピーマンなどに多く含まれます。また、サプリメントを上手に活用しても良いですね。

青グマの解消法

血行不良によるクマなので・・・

1.適度な運動をして血行促進を

適度な運動は血行を促進します。軽くジョギングをすることで、顔が赤くなってくれば血流が良くなり、青グマによる血行不良も解消されます。

2.眼輪筋をしっかり動かす

1日1回行ってみましょう。目の周りの眼輪筋を動かす運動をすると、目の周りの血流が良くなるだけでなく、弛みも改善していきます。

方法は簡単です。目をギュッとつぶって5秒キープします。その後、大きく目を見開き5秒キープします。これを10回繰り返すだけです。

3.貧血を予防する

鉄分が不足していませんか?鉄分不足で貧血を起こすと、フラフラしてしまったり青グマが発生しやすくなります。
鉄分をしっかり摂りつつも、鉄分の吸収を良くするビタミンCも併せて摂取しましょう。

また、血行促進効果のあるビタミンEも良いですよ!

4.目の疲れをとるツボを押す

アイクリームなどで多少滑りを良くしながらツボを押してみると良いですよ!アイクリームは血行促進効果のあるビタミンK入りのものがお勧めです。

・四白(しはく)

瞳から真下の位置で、下まぶたの骨の淵から1cm下です。疲れ目やクマの改善に効果的です。

中指の指先の腹で小さくクルクル円を描くように押します。5回程行います。

・睛明(せいめい)

鼻の根本と目頭の間のにあります。眼精疲労にも効果的です。

両手の人差し指で左右のツボを押します。5秒ずつ3セット押します。

・太陽(たいよう)

左右の目尻から少し外側の骨くぼんだ所にあるツボです。こめかみに近い位置です。クマの改善、頭痛にも効果的です。

両手の中指の腹で左右のツボを押します。5秒ずつ3セット押します。

目の下のクマを本気で消したい人必見のマッサージ方法

5.温冷タオルを行う

手っ取り早く目の周りの血流を促す方法はホットタオルです。特に朝お化粧前に行うと目の周りの血流が良くなります。

作り方は・・・
タオルを水で濡らして緩めに絞り、レンジで40~1分間程チンします。

それをやけどしない程度まで冷ましてから目の周りにのせます。

時間のある時には、このホットタオルの後に冷たいタオルをのせます。ジワジワくるのが分かると思います。その後にまたホットタオルをのせます。これを繰り返すことで、かなり目の周りの血流が良くなります。

黒グマの解消法

黒グマはシミというよりは、弛みや皮膚の凹みの影なので、エイジングケアを意識して行います。

1.眼輪筋をしっかり動かす

この黒グマも眼輪筋をしっかり動かすことで、弛みの予防になります。

方法は前述したことと同じ様に行います。

2.むくまないように気を付ける

塩分の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎはむくみを招きます。むくむと目の下にも水分が溜まりやすくなってしまいます。

3.エイジングケアの化粧品を使う

エイジングケアの化粧品は、肌のハリや弾力を出してくれたり、シワなどを予防する効果があります。エイジングケアの化粧品である程度ハリを保つようにすると良いでしょう。

化粧でカバーするなら

コンシーラーで上手にカバーしましょう。やり方によっては逆に目立ってしまうこともあるので以下のことを守りましょう。使うなら、リキッド状や筆ペン状のコンシーラーがお勧めで、ペンシルタイプでは目元に摩擦を与えてしまうので避けましょう。

では、クマの種類によって化粧でカバーする方法が違います。方法をご紹介します。

茶グマのカバーの仕方

黄色のコンシーラーを使うと、目立ちにくくなります。茶色いからと明るい色を使うと浮いてきたり、グレーっぽく見えてしまうので注意しましょう。

青グマのカバーの仕方

オレンジ色のコンシーラーを使うと、目立ちにくくなります。

黒グマのカバーの仕方

黒グマにコンシーラーで隠そうとしても、上手く隠れません。むしろ厚ぼったくなって余計目立ってしまうこともあります。何もしないよりはマシな程度の方法としては、ファンデーションを塗り終えたら、目の下をハイライトなどを入れてカモフラージュする方法が目立ちにくくなります。ハイライトは真っ白というより、若干パールの入った肌に馴染みやすいごく薄いイエロー、ゴールド、ピーチ系の色をのせると馴染みやすくなります。

また、チーク・アイメイク・リップメイクに力をいれて、視線を目の下のクマにいかないようにすることも方法です。

コンシーラーとファンデーションの順番はリキッドファンデーションを使用する場合には、リキッドファンデーションをのせた後にコンシーラーを使います。その後、フェースパウダーをかけて馴染ませます。パウダーファンデーションを使う場合は、パウダーファンデーションの前にコンシーラーを使います。

自身の肌よりも薄い色でしっかりカバーしようとすると、グレーっぽくというか白っぽくなってかえって目立ってしまうので注意しましょう。コンシーラーは最後は指先でトントントンと馴染ませます。

まとめとして、茶グマは色素沈着によるもの、青グマは血行不良、黒グマは弛みなどによるものであることが分かったと思います。それぞれに合った方法で解消していきましょう。