くびれの作り方 簡単!寝ながらできる方法

くびれの作り方 簡単!寝ながらできる方法

どんなに腹筋をがんばっても
くびれができることはありません。

ペタンコのお腹になることは
腹筋を頑張ればある程度は期待できても

きゅっと引き締まったくびれを作るのは
腹筋運動ではないんです。

というのも、腹筋運動で鍛えられるのは
くびれて見える部分ではないから。

くびれをつくるのは

「 腹斜筋 」  

であって、普通の腹筋で
鍛えられる筋肉ではありません。

腹斜筋とは、肋骨の下あたりにある
斜めについている筋肉です。

この腹斜筋を刺激することが
くびれたウエストをつくるためのコツなのです。

広告


腹筋運動はデメリットが多い?

お腹を引き締めるための運動として
一番お馴染みなのが腹筋です。

しかし、腹筋運動って
意外とメリットが少ない運動で、

それどころか、デメリットになることも
予想以上に多いんです。

くびれ作りにも効果がないのに、
デメリットもあるなんて、

腹筋運動を頑張る意味が
わからなくなりそうですよね。

もちろん、腹筋が無駄で
無意味ということはなく、

続けることでお腹の脂肪には
効果があります。

しかし、腹筋運動をすると
首や背中、腰など、
他の部分にも余計な力が入ってしまいます。

お腹の筋肉だけに働きかける正しい腹筋運動を
きちんと行わないと、

他の部分への負担の方が
大きくなってしまうんです。

腹筋を始めた途端に、
首や背中を傷めてしまって

他の運動もできなくなって
しまうこともあります。

きちんと腹筋だけに
負荷をかけられるように
正しい運動ができないなら、

無理をするのは止めた方が安全なんです。

くびれの作り方 簡単!寝ながらできる方法

キツイ運動よりもストレッチ

くびれを作るためには、
ハードに筋肉に負荷をかける

運動をせずとも
十分に効果のある方法があります。

それがストレッチです。

今回ご紹介するストレッチは、
日常の生活や動作の中では

あまり動かす機会の少ない部分を
集中的にストレッチすることができます。

冒頭でもご説明しましたが、
くびれを作るためには、

肋骨の下から斜めに沿っている
腹斜筋という筋肉です。

斜めになっている筋肉を
腹筋のような縦の運動を行っても
なかなか鍛えることが難しいので、

ゆっくりとストレッチをしながら
筋肉に刺激を与えることが効果的なんです。

くびれを作るために、
まず最初に始めたい腹斜筋を効率よく

刺激できるストレッチ運動から
はじめてみましょう。

くびれ運動のやり方

くびれの作り方 簡単!寝ながらできる方法

1.
うつぶせになります。

2.
腕を使って、上半身を起こします。

3.
気持ち良いと感じるところで止めて、
10秒キープします

4.
体を右側にひねり10秒キープします
腹斜筋が伸びるように意識してください

5.
体を左にひねって10秒キープします
腹斜筋が伸びるようにします

6.
ゆっくり体を元の位置に戻します

参考記事 http://slism.jp/communication/clm-kubire.html

 

もっと楽をしたい方には、痩身エステもオススメです

ウエストが細くなるのは分かったけど
やっぱりめんどくさくて自分でやる自信がない!
という方も少なくないかもしれません。

そういった方には、
たかの友梨のエステをおすすめします。

お腹周りを痩せさせるエステとして
とても評判が良いのです。

人気の秘密は、「トリプルアタックボディエステ」!

このエステでは、1回のエステで、
なんと3種類ものアプローチをしてくれるのです。

1つ目 ハンドテクニックでリンパマッサージ
2つ目 超音波マッサージで脂肪燃焼
3つ目 最先端マシンで、筋肉の動きを活性化

これほど「濃い」エステを1回で受けられるため、
3年連続人気No.1に輝いています。

セルフマッサージでコツコツがんばるのも大切ですが、
早く結果を出したい!
楽して痩せたい!
といった方はプロを頼ると良いでしょう。

現在期間限定「89%」オフ
「3,000円」で体験できますので、
この機会をぜひご利用ください。

トリプルアタック
>>たかの友梨の「トリプルアタックボディエステ」の公式サイトはこちら

 

くびれ運動のまとめ

運動が苦手・・・という方は、
このストレッチから始めてみてください。

筋肉量が少なく、ハードな筋トレとは
無縁の生活をしている女性でも

それほど苦労なく続けられる
ストレッチです。

運動量としては大きくないので、
寝る前のリラックスタイムに
気軽に続けてみてください。

引き締めたかった部分に
徐々に効果が出てくると思います。

たるみ改善に繋がりますよ!

より早くくびれをゲットしたいという方は、
腹斜筋にさらに負荷をかけてください。

まずはご自身のペースで継続してましょう♪

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ