くりっとしたぱっちりお目目になる眼輪筋トレーニング

人の第一印象の中で、
一番ポイントになるところといえば
目元ではないでしょうか。

ぱっちりとした疲れを感じさせない目元は
第一印象をとても良く見せてくれます。

しかし目元は疲れが出やすく、
年齢とともにたるみも出やすいところです。

眼輪筋を鍛えることによって
丸くくりっとした、
ぱっちり目を手に入れることができます。

そこで今回は眼輪筋について
詳しくご紹介するとともに、
トレーニング方法についてもご紹介します。

広告

眼輪筋とは

眼輪筋とは、
目のまわりを囲む筋肉のことをいいます。

まぶたの内側だけでなく、
くまができやすい涙袋の下あたりまで

眼輪筋によって皮膚が支えられているのです。

もちろん、年齢を重ねることで
目元にもハリがなくなってきてしまうため
たるみがちになってしまうのですが、
眼輪筋が衰えることでも
たるみの原因になるのです。

また、目尻のしわの原因も
眼輪筋の衰えが関係しています。

このように、目を美しく見せるためには
眼輪筋はとても大切な筋肉なのです。

眼輪筋が衰える原因とは

くりっとしたぱっちりお目目になる眼輪筋トレーニング

目元のハリや目の印象に大切な、
ぱっちり感を左右する眼輪筋が

衰える原因は、意外にも
目の疲れが関係しているのです。

仕事でパソコンを使用し、
家ではスマホを使用するという

目を疲れさせる習慣を送っている方も
多いのではないでしょうか。

目の疲れは、目のまわりだけでなく
おでこの筋肉まで、
硬くしてしまう恐れがあるのです。

おでこの筋肉が凝り始めると、
目元にも影響を及ぼしてしまいます。

おでこの筋肉はあまり使うことがないため
日常生活の中でも
凝りが溜まりやすくなっています。

意外と気づかないだけで
むくみが生じている場合もあるのです。

そうなると、おでこのたるみにより
まぶたまでたるんでしまう原因になります。

眼輪筋は、目の疲れや
おでこの凝りによっても
衰えてしまうということを覚えておきましょう。

ヒアルロン酸をチャージ

ヒアルロン酸は、肌にハリを与えて、
若々しさを保ちます。

ですが、年齢とともに徐々に減少をしていってしまい
気がつけば目元にハリがなくなり
たるみが目立つように・・・。

そこで、眼輪筋トレーニングをしながらも、
ヒアルロン酸を摂取することで、
さらに効率よくパッチリとした目元を
手に入れることができるのです。

ヒアルロン酸は分子が大きいため、
食べ物から摂取をしても体内に吸収されにくく、
美容液かサプリメントでの摂取が推奨されています。

中でも、
目元にヒアルロン酸をダイレクトにチャージするには、
ヒアルロン酸パッチを目元に貼って
睡眠をとるのが良いでしょう。

こちらのヒアルロン酸パッチは、
日本香粧学会の「抗シワ試験」に合格していて、
「医学誌」にも効果のほどを認められて掲載されているので
オススメです。

ヒアルロン酸のマイクロ針を肌に指して
肌の奥まで注入しますので(痛くない注射)
角質層の奥までヒアルロン酸が届きます。

効果に満足行かない場合は、
全額返金保証をしてくれるので、
まずは試してみてください。

>>ヒアルロン酸パッチの詳細はこちら

眼輪筋トレーニング

それでは、目元の印象を変える
眼輪筋トレーニングについてご紹介します。

まずは、目を動かすことから始めましょう。

パソコンやスマホなどで
一点をずっと見つめている状態では

目の動きが少ないため
眼輪筋があまり使われていないのです。

1.
目を開き、目の淵を沿うように
ゆっくり目を回します。

2.
反対にも同様に回し、10回程度行いましょう。

3.
次に、上・下・左・右というように
目を動かし、一旦まぶたを閉じてから
次に方向へ目を動かして下さい。

まぶたを閉じるときは、
ぎゅっと目のまわりの筋肉を意識して閉じ

開くときもまぶたの力を使って
開くように意識して下さいね。

このように、まぶたを意識しながら
閉じたり開いたりを繰り返すことでも
眼輪筋を鍛えることができるのです。

くりっとしたぱっちりお目目になる眼輪筋トレーニング

目元ぱっちりエクササイズ眉編

おでこと目の間にある眉も凝り固まると、
目元のたるみの原因になってしまいます。

そのため、眉の凝りをほぐすエクササイズについても
合わせてご紹介します。

エクササイズ その1

1.
人差し指と中指を使い、
眉頭と眉尻に指の腹をあてます。

2.
指の腹に力を入れながら
目を閉じた状態で眉を持ち上げます。

3.
5秒ほどその状態をキープしたら
指を離し、目をゆっくり開けます。

4.
その後、人差し指と中指の第二関節で
眉の上と下を挟むようにし、

眉頭から眉尻までゆっくり滑らせましょう。

このエクササイズを行うだけでも、
目のまわりがすっきりすると思います。

エクササイズ その2

1.
両手でちょきをつくり、
中指の甲を上まぶたに、人差し指の後を下まぶあに置き、
目を優しく開かせます

2.
このポーズをキープしたまま、
顔を左右に10往復します

エクササイズ その3

1.
両手の人差し指で目尻を外側にひっぱり
5秒間目を閉じます

2.
ゆっくりと目を開けます

3.
目尻の上を押さえて、斜め上方向にひっぱり、
5秒間目を閉じます

4.
目尻の下を押さえて、斜め下方向にひっぱり
5秒間目を閉じます

エクササイズ その4

1.
両手の人差し指を眉間に置いて
軽く上に引っ張ります

2.
親指を目尻に軽く置きます

3.
目線を上に向けて、
下まぶたに力を入れるのを
10回繰り返します

4.
下まぶたに力を入れながら
目を強く閉じて、40秒キープします

広告

目元ぱっちりエクササイズおでこ編

次は、おでこの凝りをほぐしていきましょう。

1.
人差し指・中指・薬指の腹を使い
眉の上にあてます。

2.
指の腹で優しくおでこを
引き上げていきましょう。

こめかみの辺りまで、
おでこ全体をほぐしていきます。

3.
そして最後に、中指の腹のみを使って
眉頭と眉尻から生え際まで
ぐっと押し上げていきましょう。

片側ずつ行うと分かりやすいですが、
おでこがほぐされたことにより

眉の位置が、少し上がった印象を受けると思います。

眉の位置が上がった印象を受けるのは、
凝り固まったおでこをほぐすことで

眉の位置を持ち上げ、
目にかかっている負担を軽減させるからなのです。

眼輪筋トレーニングを行うとともに、
眉やおでこのエクササイズも
合わせて取り入れてみて下さいね。

眉とおでこのエクササイズについては
お風呂上りに行うと良いでしょう。

スキンケアを行った後、
いつもより少し多めにクリームを塗り
エクササイズを行ってみて下さい。

肌のケアを行うときは、
必ず手を清潔にし、

肌をこすることで刺激にならないよう
十分に潤しておくことが大切です。

くりっとしたぱっちりお目目になる眼輪筋トレーニング

お風呂上りであれば、
肌の血行も良くなっているので、
効果が表れやすいでしょう。

眼輪筋トレーニングについては
仕事中やふと気づいたときなどに
こまめに行うことを意識して下さい。

目は毎日疲れを感じています。

ほぐしてあげる意味でもそうですが、
眼輪筋トレーニングを行うことで

筋肉を鍛えむくみや凝りが起こりにくい
ぱっちり目元を目指していきましょう。

人と接するときは、
目に少し力を入れて開くようにすると
疲れのない元気な印象を与える効果があります。

普段からこのような意識を心掛けることが、
第一印象を良くするポイントになるので
ぜひ試してみて下さいね。