便器の4100倍汚いへそのごまの掃除方法

へそのごまはどうしていますか?

幼い頃からへそはいじってはいけない
と言われたり、

へそのごまは取らなくてもいいと言われ、
何十年も放置されてる方も
多いのではないでしょうか?

「 へそのごまを取ってはいけない 」

は全くの嘘なのです。

むしろへそのごまが溜まっている状態は
決して衛生的に良くはない状態なのです。

へそのごまって、
普段何気なくへそにくっついていますが、

実はとても雑菌が多く汚いんです。

取ってはいけないと聞いていたから
取ったことがないという方も多いはず。

今回は、へそのごまがどのくらい
汚いかという事と

へそのごまの取り方を
お話ししたいと思います。

広告

へそのごまの脅威の汚さ

へそのごまは、
長年のへその窪みに溜まった垢や皮脂、
埃や石鹸カスなどが固まっているのです。

トイレの便器の水に
生息している有害細菌数は約290個に対し、

へそのごまに生息している菌は
なんと約120万個にもなるのです!

計算すると、便器よりも
約4100倍も汚い可能性があるのです!

米研究者が最近発表したところによると、
人間のへそのごまには
約1400種もの細菌が生息しており、

しかもそのうち662種は
全く新しい種類の菌なのだそうです。

これだけの汚さのへそのごま、
そのままにしていられますか?

便器の4100倍汚いへそのごまの掃除方法

へそのごまをそのままにしていると

へそのごまをそのままにしても
特に何ともない人も多いです。

ですが、へそのごまが溜まるほど
雑菌もそれだけ多くなります。

最悪、その雑菌が
へその傷から入り込むことで、

傷み、赤み、化膿、出血を
起こしてしまい、

「 臍炎(さいえん)」

という状態になってしまうことも。

更にへその皮膚の下にある腹膜にまで
雑菌が感染してしまうと、

「 腹膜炎 」

になってしまうこともあります。

この腹膜炎は、
内臓を覆っている腹膜が炎症し、

腹痛や発熱が起きるだけでなく、
最悪な場合は敗血症になることもあります。

 

へそのごまの掃除方法

へそのごまって取ってもいいの?って
思うかもしれません。

安心して下さい!
取っても大丈夫です!
取って下さい。

ただ、気を付けるのは
無理やり取り除いたり、

へそを傷つけてまで
取ることは止めて下さい。

爪で引っかいたり、
尖ったもので取り除くようなことは
決してしないで下さい。

つい、尖ったもので
カリカリと取りたくなりますが、
ここはグッと我慢して下さい。

オイルでふやかして、
綿棒やガーゼで優しく拭うだけです。

へその中の薄い皮膚の下には、
腸などの内臓を包んでいる腹膜があります。

この膜には神経がたくさん集まっているので
あまり激しく行うと痛くなりやすいので
気を付けて下さい。

広告

へそのごまの取り方

それでは取り方を説明します。

★準備するもの

・ベビーオイル
・綿棒またはガーゼ

1.
へその中にベビーオイルを数滴垂らします。

2.
へそのごまをふやかして剥しやすくする為、
そのまま約10分程放置します。

3.
へそのごまが柔らかくなって
取れやすくなります。

綿棒やガーゼなどで
優しく丁寧に拭取るように掃除します。

きれいに取れましたか?

結構、きれいに取れると
かなり快感になるかもしれません。

綿棒にへそのごまが絡みつくと、
とっても気分爽快になります!

へそのごまは、水着になった時や
へその出る服を着た際に
皆さんハッとされる方が多いようです。

オイルでふやかすのがポイントです。

特におへその中のシワや溝に
入り込んでしまったのは、

1回ではなかなか取るのが
難しいかもしれません。

無理に綿棒でグリグリやると、
皮膚が痛くなるので、

オイルを更に垂らして
時間を置いてから
再度綿棒で拭ってみましょう。

オイルはベビーオイルでも良いですし、
オリーブオイルなどでも良いですね。

便器の4100倍汚いへそのごまの掃除方法

注意事項

へそのごまを
取ってもいいことが分かったところで、
ここで注意することをお話します。

1.あくまで優しく取ること!

へそをいじるとお腹が痛くなるというのは、
昔からよく言われています。

これは単なる迷信ではなく、
へそのすぐ下には
腹膜の神経がある為、

へそをいじることで
その神経を刺激してしまうことで
お腹が痛くなると言われています。

また、へその皮膚はとても薄いので、
力を入れて取ろうとすると、

皮膚を傷つけてしまい、
赤くヒリヒリしたり、
化膿してしまうこともあります。

デリケートなので
優しく取りましょう。

2.取れないへそのごまは皮膚科で

何十年とへその掃除をしていないとなると、
へそのごまも
真っ黒い頑固な「臍石」という
巨大なへそのごまと化します。

皮膚にこびりついて
落ちないこともあるので、

自分で無理に取ろうとせず
皮膚科で取ってもらうようにしましょう。

臍の中まで人に凝視されることも
そんなにないでしょうが、

何かの拍子にへそのごまが見えては
不潔な印象を与えてしまいます。

もしへそのごまが見えてしまったら、
何だか見てはいけないものを
見てしまった気分になります。

存在の薄いへそのごまですが、
何年、何十年と身体に付着していれば、
雑菌の数もものすごくなります。

こんなに汚かったのか・・・・
とちょっとショックですよね。

そんなへそのごまですが、
オイルでも取り除くことは出来ますが、

市販でもへそのごまを取り除く
専用のものが売られていますよ。