彼もドン引きする!お尻が汚い5つの原因とキレイにする方法

お尻って自分で見えない部分ではありますが、それだけにケアがおざなりになりそうな場所です。また長時間同じ姿勢で座っていることが多い人ほどお尻への負担は大きくなるものです。

今回はお尻が汚いことで受けてしまう悪いイメージ、そしてお尻が汚くなる原因とキレイにする方法をまとめてご紹介します。

広告

お尻が汚いと男性にどんなイメージを持たれる?

彼や旦那さまなど、裸を見せることもある人が、汚いお尻を見たときどんなイメージを持ってしまうかご存知でしょうか?

不健康そう、手入れが行き届いていない、不潔そうと、3拍子揃ってマイナスイメージです。また具体的なアンケート結果も以下の通りです。

「触れたときにザラザラしていると幻滅してしまう」
「電気が暗い時は分からなかったけど、電気をつけて彼女のお尻をみたらブツブツがたくさんで、ガッカリした」
「エッチをしている時に、黒ずんだお尻が見えるとげんなりしてしまい、やる気を失う」

きれいにお化粧をしておしゃれな洋服を着ていても、お尻のケアができていない女性はいただけないと多くの男性が感じていることが分かりますね。

彼もドン引きする!お尻が汚い5つの原因とキレイにする方法

お尻が汚くなる原因は?

お尻って実は負担を受けやすい所で、黒ずみやブツブツができやすい場所なのです。どんなことが原因でお尻が汚くなってしまうのか、その理由を解明していきましょう。

1.摩擦によるもの

まず1つ目は、摩擦による黒ずみです。

まず1つ目はショーツと皮膚の摩擦です。特に女性はかわいらしく魅せようと小さめのショーツを履く傾向があります。そうすると、ゴム部分などがずれあがってきたり、お尻に食い込んだりして、より摩擦が強くなってしまいます。また、ショーツの端にレースなどがついており、それとお尻がこすれるといったケースも少なくありません。

2つ目は、ボディブラシやボディタオルによる摩擦です。お肌をきれいにしようと強めの力で擦ってしまう事が日々続くと黒ずみの原因になってしまいます。

3つ目は椅子の座面との摩擦です。特にデスクワークや運転が多い方などは、座っていても何度も座り換えたり座ったまま方向を変えたりしますよね。それらが繰り返されることで摩擦が起こるのです。

2.ニキビ・吹き出物

何気なくお尻を触った時に、お尻にできものができていることに気付いた経験ありませんか?お尻は常にショーツに覆われていることから蒸れてしまい、できものがさらに増えるということも良くあります。

3.ホルモンバランスの崩れ

女性は生理前後などホルモンバランスが崩れやすくなります。またホルモンバランスは女性特有のタイミング以外にも、睡眠不足であったり、ストレス過多になっている時にも崩れがちです。

このようにバランスが崩れる時期は色素沈着が起こりやすいため注意しましょう。

4.筋力低下

お尻は柔らかいものですが、大殿筋、中殿筋、小殿筋と筋肉が存在します。しかしデスクワークが多かったり、運動不足だと筋力はどんどん低下します。

それに伴い脂肪が増え、まずお尻が垂れてきてしまいます。そうするとお尻と太ももの境が分かりづらくなり、そこに汗をかくと吹き出物が生まれやすくなるのです。

5.乾燥

お尻もお顔などの皮膚と同様水分が必要です。しかし、あまりお尻ケアをしている方はおられないものです。

実はお尻が乾燥してしまうと、外的刺激からのバリア機能が低下してしまうことから、ターンオーバーも遅れがちになります。そしてだんだんとザラザラしてきたり、硬くてくすんだ色のお尻になってしまうのです。

広告

お尻をキレイにする方法

お尻ってダメージを受けやすい部位なんだなということが理解できたでしょうか?では、そんなお尻のダメージを取り除きキレイにする方法をご紹介しましょう。

1.洗うことからお尻をケアしよう

お尻を洗う時、身体を洗うついでのように、ボディタオルなどでサッと洗って済ませている方も多いかと思います。そんなあなたは、今日からお尻の洗い方を変えていきましょう。

1.ボディソープをたっぷり泡立てます
2.お尻に泡をつけ、優しく円を描くように洗います
※おできなどが出来ている場合は、ニキビ用の洗顔剤を泡立てて洗うと効果的です
3.洗い流しがないようにしっかりとぬるま湯で洗い流しましょう
4.清潔なタオルで優しく抑えるように水分をオフします

優しく洗ってあげる事、また泡の洗い残しによる肌荒れを起こさないよう気をつけましょう。

2.保湿ケアでお尻をケアしよう

化粧水や乳液をお顔につけるのと同じく、お尻にも乾燥対策は大切です。

1.化粧水を手に付けお尻につけます
※高価なものを使う必要はありませんが、保水が大切です
2.保湿クリームはオイルなどを手に取り、円を描きながら浸透させていきます

最近ではお尻専用のクリームもありますので是非試してみて下さい。

これらに加えて、普段使っているボディタオルを見直したり、きつすぎる下着などを使用している方はまずはそこから見直しましょう。おざなりになりがちななお尻ですが、しっかり男性はチェックしています。見えないところもケアする!それが真の女性ですよね。