下半身を中心に痩せたい方に贈る、内ももに効くエクササイズ5選

下半身が太かったら、なかなか気軽な気持ちでスカートが履けないですよね。特にミニスカートなんてあこがれちゃうのに試しに履いてみたらみっともなくて寒気がした…という方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

内ももをひきしめて少しでも美脚に近づけるにはどのようなエクササイズをしてみたらいいのでしょう。

広告

内ももが太くなる理由

内ももが太くなる理由はいろいろありますが、そもそも女性は子宮を守るためにお腹まわりや太ももまわりに脂肪がつきやすい傾向にあります。ですから、ある程度内ももが太くなってしまうのは生理現象ともいえるでしょう。

また血の巡りが悪くて、老廃物やリンパ液が下半身に溜まってしまっているということもあります。長時間立ちっぱなしのお仕事をしていたり、デスクワークをされているという方は、特に血の巡りが悪くなり老廃物がたまりがちです。そうなりますと下半身がどんどん太くなってしまうんです。

また、悪い姿勢が内ももが太くなる原因にもなります。正しい姿勢をとっていないと足のヘンなところに力が入ってしまい、どんどん下半身が太くなってしまうんです。よい姿勢をとるということが美脚への道ともいえますね。

下半身を中心に痩せたい方に贈る、内ももに効くエクササイズ5選

内ももに効くエクササイズ

内ももに効くエクササイズはたくさんありますが、その中のいくつかをご紹介してみましょう。足にガチガチの筋肉をつけずに内ももを効果的に引き締めるには、どのようなエクササイズをしたらよいのでしょうか。

タオルを使ったエクササイズ

タオルを使ってエクササイズをしてみましょう。タオルを丸めたものを用意してください。
1、こぶし一つ分、両足を開いて立ちましょう。
2、ひざの間にタオルをはさんで、内ももにグッと力を入れます。タオルを落とさないように15秒キープしましょう。この時、ひざが内側を向かないように鏡でチェックしながらやりましょう。
3、腹筋に力を入れ、背筋を伸ばします。そのまま、10秒間キープしましょう。
4、ゆっくりと力を抜きます。これを20回繰り返しましょう。

バレリーナエクササイズ 背伸びエクササイズ

バレリーナの脚を見たことがありますか。細いのにシュッと引き締まっていてしなやかで強い脚なんです。そんな脚を手に入れるには、簡単なバレエエクササイズをしてみるのが一番です。まずは背伸びエクササイズです。

1、椅子の背か、壁につかまって立ちましょう。
2、両足をそろえて立ち、膝と膝の間が開かないように注意します。背筋を伸ばし、アゴを引きましょう。
3、そのまま、ゆっくりとかかとを上げていきましょう。背伸びのまま10秒間キープです。
4、ゆっくりとかかとを下します。
5、次に、両方のつまさきを同時に開きます。この時、内ももと内ももをしっかりとくっつけて、スキマがないようにして下さい。
6、そのまま、ゆっくりとかかとを上げていきましょう。内ももと内ももをグーッと引き寄せあっているようなイメージで、内ももを強く意識します。
7、 内ももと内ももを近づけていくようなイメージで、かかとをゆっくりおろしましょう。

バレエエクササイズ ドゥミプリエ

1、 椅子の背か、壁に左手でつかまって立ちましょう。
2、 両足をそろえて立ちます。背筋はのばし、アゴをひきます。右手は横に伸ばします。
3、 両方のつまさきを同時に横に広げます。ひざをのばし、おしりの穴をしめましょう
4、 そのまま、ゆっくりとひざを曲げていきます。これがドゥミプリエです。かかとがあがる寸前で止めましょう。
5、 内ももと内ももをグーッと引き寄せあうような気持ちで、内ももを意識しながら、ゆっくりとひざを伸ばします。内もも同士をしっかりつけて立ちましょう。これを10回繰り返します。

バレエエクササイズ グランプリエ

ドゥミプリエを数回繰り返すだけでも内もものエクササイズになりますが、さらにやってみたいという方はグランプリエにも挑戦しましょう。

1~4までは、ドゥミプリエと同じです。
5、ドゥミプリエを通過してさらに深くひざを曲げていきます。かかとがあがってもいいので、しっかりとひざを曲げましょう
6、 内ももを意識してひざを伸ばしていきます。内ももと内ももをグーッと引き寄せあうような気持ちでゆっくりとひざを伸ばしましょう。内もも同士をしっかりとつけて立ちます。これを10回繰り返しましょう。

寝転んで内ももエクササイズ

床に寝転んで、内ももエクササイズをすることができます。

1、 あおむけになりましょう。足を90度の高さにあげます。
2、 足を大きく広げましょう。広げられるだけ、思いきり広げます。
3、 内ももの力を意識して、グッと両方の足を引き寄せてクロスにしましょう。これを30回繰り返します

広告

エクササイズ以外でもできることはある!

エクササイズなんてする時間がないという方は、日常生活の細かいこにを気を付ければ内ももは徐々に痩せていきます。

まずは姿勢を正しくすること。かかとをつけ、足の裏には均等に力をかけます。膝を伸ばし、おしりをひきしめましょう。腹筋に力を入れて背筋をのばし、アゴをひきます。この姿勢を取るだけでもエクササイズかと思うくらいキツイのですが、この正しい姿勢を意識するだけで下半身痩せをすることができます。駅のプラットホームで電車を待っている時などに、ぜひやってみましょう。

下半身を中心に痩せたい方に贈る、内ももに効くエクササイズ5選

まとめ

内ももを引き締めるエクササイズをするのは大変なことですが、ちょっとずつでいいんです。毎日続けることで、必ず脚は綺麗に変わります。ぜひ試してみて下さい。