ストレスや緊張が原因の「空えずき」を改善する4つの方法

 

体には特に異常はないのにストレスや緊張が原因で起こる「空えずき」。吐き気だけを感じてしまう場合と実際に吐いてしまう場合がありますが、どちらにしても辛い状態に違いはありません。ストレスや緊張が原因の「空えずき」や嘔吐が起こる症状を「心因性嘔気症」といいます。そこで今回は、ストレスや緊張が原因で起こってしまう心因性嘔気症による「空えずき」を改善する方法を4つご紹介します。

広告

 

「心因性嘔気症」とは?

あまり耳慣れない「心因性嘔気症」。

心因性嘔気症とは、精神的なストレスや緊張が原因で吐き気をもよおしてしまう病気で、自分ではストレスを感じてないことも多々あります。

心因性嘔気症と似たような病気で、「心因性嘔吐症」というものがあります。

心因性嘔吐症は、原因は心因性嘔気症と同じくストレスや緊張によるものですが、吐き気だけにとどまらず、実際に嘔吐してしまう病気です。別名「神経性嘔吐症」とも呼ばれています。

症状がひどくなると、いったん吐いてしまった場所に行くだけで嘔吐したりする場合もあります。例えば電車の中で吐いてしまった経験から、電車を見るだけでも吐いてしまうようになります。

原因はどちらも同じストレスや緊張による精神的なものですが、症状によって区別されています。

心因性嘔気症や心因性嘔吐症の診断方法は、嘔吐の原因となる症状がないかを尿検査や血液検査、腹部エコー、内視鏡などで検査して異常が出なったことを確認し、ストレスとの関係性が認められたときに診断されます。

ストレスや緊張が原因の「空えずき」を改善する4つの方法

 

「心因性嘔吐症」は大人に多い病気

ストレスや緊張が原因で発症する心因性嘔吐症は大人に多い病気だと思われがちですが、実は子供に多くみられる病気です。

子供に多い理由は脳の中枢神経が未発達で、かつストレスへの対処に慣れていないからです。発症が子供に多いだけで、大人でももちろん発症しますが、その多くが30歳未満です。

逆に心因性嘔気症は大人に多い病気で、男女を比較するとやや女性の方がかかりやすい傾向にあります。

実際に嘔吐するわけではなく、「空えずき」という自覚症状だけなので、周囲に辛さを理解してもらいにくい病気といえます。

広告

 

「心因性嘔気症」を少しずつ改善していく方法

心因性嘔気症は治る病気です。ですが急に完治するわけではありませんから、焦らずに少しずつ改善していくことが大切です。

まずは心因性嘔気症と診断された場合には、体には異常がなく心因的なものが原因ということを受け入れることが大切です。中には、なかなかおさまらない症状に、病院を何ヵ所も受診して検査を繰り返す方がいますが、それでは辛い期間が長引いてしまうことになります。

1.ストレスの原因を見つけ取り除く

まずはストレスの原因を見つけ、それを取り除きましょう。

どういった場面で吐き気の症状があらわれるのか、どのようになれば症状がおさまったのかなど、自分の症状を客観的に判断することが大切です。ストレスを取り除くことであっさりと治ってしまうケースもあります。

2.規則正しい生活を意識する

生活リズムが崩れると、自律神経のバランスの乱れに繋がります。自律神経のバランスが乱れてしまうと吐き気が起こりやすくなりますから、そうならないために生活のリズムを規則正しくすることが大切です。

自律神経のバランスを整えるために特に睡眠は重要ですから、夜更かしなどせず早寝を心がけましょう。

3.大らかな考え方をする

心因性嘔気症になりやすいのは、心配性で真面目で繊細な性格の方がほとんどです。完璧を求め、他者にも自分にも厳しいためストレスをため込みやすくなります。

もののとらえかたを少し大らかに、おおざっぱにとらえることを意識するだけでも違ってきます。何事にも完璧を求めず、「まぁいいか」という部分も持てるようにしましょう。

4.ストレス発散方法を見つける

誰もが多かれ少なかれストレスを抱えて生活をしています。この現代社会でストレスを感じずに生活するのは無理な話です。ですからストレスを上手に発散する方法を見つけることが大切です。

ショッピングをしたり甘いものを食べたり、友達とおしゃべりをしたりなど自分なりのストレス発散方法が見つければ自然と症状は出てこなくなります。

ストレスや緊張が原因の「空えずき」を改善する4つの方法

 

気持ち悪くなってしまった時の対処法

外出先での吐き気がするのは辛いもの。吐き気をもよおしたときの対処法をご紹介します。

ツボを押す

吐き気を抑えてくれるツボを押して症状を軽減させましょう。

■関衝(かんしょう)

吐き気やめまいに効果のあるツボです。手の薬指の爪の生え際(小指側)にあるツボです。

■内関(ないかん)

心因性の吐き気に効果のあるツボです。手首内側のシワから6cmほどひじ寄りにあるツボです。

■労宮(ろうきゅう)

イライラや吐き気に効果のあるツボです。手のひらの中心にあるツボで、疲労回復にも効果があります。

気をそらす

吐き気がしてしまうと、それだけに意識が行きがちですが、吐き気にとらわれず、窓の外の景色を見たり、他のことに意識を向けることで吐き気の辛い症状を緩和させることができます。

体を動かす

ストレスを感じると血行は悪くなってしまいます。血行が悪くなることによっても吐き気という症状が出てしまいますから、ストレッチを行うなど体を動かし血行を良くすることによって症状を抑えることができます。

また意識的に軽い運動やエクササイズなどを日ごろから取り入れることで、血行が良くなり吐き気を予防することができます。

上手にストレスと付き合いながら、自分なりの対処法を見つけましょう。