ひどい浮き毛の原因と抑える方法 5つ

浮き毛というと分かりづらいかもしれませんが、俗にアホ毛と呼ばれる浮き出た毛のことです。実は今、アホ毛にお悩みの女性が増えています。アホ毛は季節に関係なく生じてくるもので、スタイリングに時間がかかったり、解消しようとべたつかせてしまう方も多いでしょう。

そこで今日は、どうして浮き毛が生じてしまうのか、その原因と抑える方法を5つご紹介していきます。これから梅雨が始まると、さらに浮き毛が出やすくなってしまうので、ぜひチェックしていきましょう。

広告

浮き毛(アホ毛)とは?

浮き毛はおもに頭頂部の分け目や、毛の表面から浮き出てくる短い毛のことを指します。髪はロングなのに、短い髪の毛が頭のてっぺんにぴょこんと浮き上がっていると、どうしても髪が傷んで見えてしまいますね。

もちろん、そのまま伸びてくれれば問題はないのですが、毛先の長さにまで追いつくにはかなりの時間を要します。待つだけでは一向に浮き毛は改善されないため、その原因を知ることから始めていきましょう。

ひどい浮き毛の原因と抑える方法 5つ

ひどい浮き毛の原因

浮き毛は、以下2つの原因で発生してしまうと考えられます。

成長している最中の髪

頭皮にある毛根から成長し、健やかに育つことが出来れば髪はどんどん長くなっていきます。しかし髪の毛1本1本、同じ速度で同じように成長し始めるかというとそうではありません。

先に抜けて新しく生え変わってきた毛と、抜けずに育っている毛では長さに違いが出て当たり前ですね。そんな毛が浮き毛のひとつへと変わっていくのです。

切れ毛

成長途中の毛と同じく、長さに違いがある髪が出来てしまう要因のひとつが切れ毛です。櫛でとかす時や、スタイリング時にひっぱってしまうことで、切れてしまうことがあります。

すると切れた髪はおさまりがつかず、上に浮き出たり横に浮き出たりしてしまいます。

広告

浮き毛を抑える方法

見た目にも印象が悪くなってしまう浮き毛。2つの原因は誰にでも起こりえることです。根本から原因を改善していくとともに、抑えるスタイリング方法やシャンプーのやり方について工夫していきましょう。

1.食生活と睡眠の見直し

抜け毛を防ぐことで髪の成長に差が生じることを防げます。髪に必要なのはタンパク質やビタミン、ミネラルなどです。

魚介類や肉類、豆や野菜、海藻、フルーツなどバランスのとれた食事内容を意識していきましょう。

2.シャンプー法を見直す

1.まずは髪の毛を濡らします。洗い流しは軽く1分程度で大丈夫です。全体的に濡らすことを意識しましょう。
2.シャンプーをつけていきますが、量はワンプッシュでOK。手のひらに広げてから髪につけていきます。
3.髪にワックスなどがついている場合は泡立ちにくい時があるため、その際は一度洗い流してしまいます。
4.再度シャンプーを用意しますが、先ほどの量の半分で十分です。
5.しっかりと泡立ってくるので、地肌、髪全体に泡立て、頭皮をマッサージするように洗います。
6.かゆいところはかき壊すのではなく、マッサージすることがポイント。
7.すすぎは2分を目安にしっかり行います。

大切なのは、スタイリング剤をつけたままの泡立ちにくい状態でシャンプーを終わらせてしまわないことです。泡立ちが弱いまま髪を擦ると、ダメージの原因になり、切れ毛などを発生させてしまう恐れも。

動画で確認しながら、正しい洗い方を取り入れていきましょう。

3.正しく乾かす

1.まずは前髪から乾かしますが、分け目がつきやすいところなので髪を前へ持ってきて乾かすことがポイント。
2.分け目をある程度決めたら、全体に乾かしていきましょう。
3.上から風を当てることでキューティクルを傷つけることなく乾燥させられます。
4.根本を持ち上げながら、ふんわり感を出していきます。前方向へ出しながら乾かすとまとまりがでてきますよ。
5.最後にトップを立ち上がらせましょう。ハンドブローでも艶のある髪の毛を作り出せます。
6.そしてプラスひと手間に、クーリングを行ってみて下さい。艶感がさらにアップするので、傷みを感じさせません。

4.紫外線と摩擦を予防

紫外線は髪を傷つける要因です。帽子で頭皮を保護することはもちろんですが、日傘などで髪の毛全体を日光から守ってあげることも大切です。

また、夜眠っている間に髪がこすれて摩擦を起こしていることもあります。特に髪が長い方や、後頭部に起きやすい現象ですが、
・しっかり乾燥させること
・長い髪はゆるくまとめること
・専用キャップを被ること
などで解消できます。基本的には髪をきちんと乾かし、保湿できていれば大丈夫でしょう。

5.スタイリング

浮き毛専用のワックスなども販売されていますが、頭頂部だけべたつきがあったり、固まっているのが分かってしまうと格好悪いですよね。スタイリングのポイントとしては、全体になじませてしっとりさせてあげることです。

全体にワックスを行き渡らせることで、髪に統一のあるまとまりができます。そのうえで浮き毛に対してだけ少し押さえるようにワックスをつけてあげましょう。

また、できるだけ頭皮についても安心なものを選ぶと良いです。最近では、ボディークリームと併用できるほど優しい成分のトリートメントもあります。ワックスで押さえ込むだけではなく、そういったものを使って髪を落ち着つかせるとスタイリングもしやすくなりますよ。