1週間後には効果が!太ももサイズダウンを実現するストレッチ

 

ボリューミィーな太ももは女性の悩みですね。スカートを履くにも腰回りが太く見えてしまうし、パンツだと太ももパンパンでみっともないということにもなりかねません。

なかなかサイズダウンしづらいと言われる太ももですが、1週間でダイエット効果を感じられるストレッチ法をご紹介します。

広告

 

太もも痩せにはインナーマッスルが大事

太ももが何故あんなにも痩せにくいのかと疑問に思っている方も多いことでしょう。特に太もも前面の盛り上がりをみると悲しくなりますよね。

そんな痩せにくい太ももをスッキリさせるポイントは、太ももの内側にあるインナーマッスル筋です。太ももの筋肉は足だけでなく、骨盤、腰、背中、股関節と様々な部位と連動しています。また、太ももの前方にある大腿四頭筋は、身体の中でも最も大きな筋肉であり、あえて運動しなくても鍛えられてしまう部位です。

様々な部位が連動しているのでバランスよく鍛えられていないと、サイズだけがアップしてしまいます。またむくみも起こりやすい部位なので、座りっぱなしの方は要注意です。

ただし筋肉をバランスよくつけることができれば代謝も上がり、きれいな美脚を手に入れられます。そのキーとなるのが内側になるインナーマッスル筋のバランスなのです。

1週間後には効果が!太ももサイズダウンを実現するストレッチ

 

ストレッチがダイエットに効果的な理由

ダイエットにはストレッチが有効というのは良く言われますが、それはズバリ痩せ体質になることができるからです。

ストレッチは痛い!というイメージがあるかもしれませんが、本来ある筋肉の柔軟性がなくなっているからです。正常な筋肉は弾力があり、ゴムのように伸び縮みするものです。

そしてその筋肉が伸び縮みすることで、血流やリンパの流れもスムーズになり、老廃物が排出されやすくなるのでむくみも解消します。また筋肉がスムーズに動くことで、基礎代謝量もアップすることから痩せやすくなるのです。

また太ももの筋肉は全身の中でも最も大きな筋肉である為、この筋肉がスムーズに動くと腰、股関節、背中などの筋肉の硬さも連動してゆるみ、太ももだけにとどまらず全身の代謝アップが期待できます。

広告

 

太ももストレッチのやり方

では早速、太もものストレッチ方法をご紹介していきますね。

1.膝上のお肉の引き締めストレッチ

膝上にのったお肉ってぽっちゃりしていて、一度つくと落ちにくいものですね。そこを引き締めてやることで、上のボリューミィーなお肉も引き締めることができますよ。

1.座って行うストレチ

1.片膝を床についた状態で跪くように座ります
2.床につけた膝の足首を、同じ側の手でつかみ、踵がお尻につくように折り曲げます
3.膝を床から浮かして左右にゆっくり動かしながら筋肉が突っ張る角度で伸ばしましょう

2.仰向けで行うストレチ

1.仰向けにねて、片側の膝を曲げます
※身体が硬いと腰が浮く方は腰にクッションなどをいれるようにしましょう
※腰がひねってしまったり、痛みがきつい方は上半身を起こして行ってください
2.太ももの前側がじんわりと10秒程度伸ばしましょう。

2.むっちり内ももに隙間を作るストレッチ

1.壁に対して垂直に身体を向けて、壁際に仰向けに寝ます
2.両足を壁に垂直にもたれかけましょう
3.両足を10秒かけて開脚していきます
4.開脚し終わった後、深呼吸をしながら開脚したまま10秒脱力します
5.開脚した状態で、軽く握った握りこぶしで太ももの内側をポンポン叩きます
6.また10秒かけて開いた足を閉じていきます

脂肪がたまりやすい部位を刺激することで血流を上げて引き締めていきましょう。

1週間後には効果が!太ももサイズダウンを実現するストレッチ

 

静的ストレッチを行おう

ストレッチには2つの種類があることをご存知でしょうか?

動きを付けながら行う動的ストレッチと、ポーズをしたらその場で静止して伸ばす静的ストレッチです。スポーツ前のウオーミングアップとして行う場合は、動的ストレッチが有効ですが
筋肉をほぐしたり緩めるのには適当ではありません。

反動をつけることなく筋肉が伸びる体勢をとった上で持続的に伸ばしてやることで、凝り固まっている筋肉がだんだんと伸ばされていきます。

またストレッチをする際は、伸ばしたい部位だけでなく身体全体的に行っていくことが大切です。全身の筋肉は連動しているので、どこか1か所だけを伸ばしても、凝り固まっている部位があると、その硬さがせっかく伸ばした筋肉を引っ張り縮めてしまうからです。

1週間後には効果が!太ももサイズダウンを実現するストレッチ

 

ストレッチのポイント

ストレッチはただやれば効果がでるというものではありません。そこでより効果を出すストレッチを行う為のポイントをご紹介します。

まずストレッチはグイグイと反動をつけて行ったり、痛いのに無理をして行わないことです。これをやってしまうと逆に筋肉が硬く縮んでしまう為です。

そこでリラックスした状態で、呼吸を止めることなく少しずつ伸ばしていきましょう。痛気持ちいい程度まで伸ばしたら、次もう少し負荷をかけるといった具合に段階を踏んで伸ばしましょう。

身体や筋肉が硬い方がストレッチをするわけなので、こういうポーズをしてくださいと言われてもまったく同じポーズができるとは限りません。そのポーズをすること自体が痛みを伴う時は、無理をせずできる範囲で行ってくださいね。

無理なく気持ちよく太ももをストレッチすることで、全身の代謝をアップさせ痩せ体質を作りましょう。