鼻の下にできやすい「梅干しシワ」を予防する4つのエクササイズ

「梅干しシワ」って聞いたことありますか?鼻の下、唇との間にできるシワのことを、こうよんでいます。高齢のおばあちゃんの顔を思い出してみてください。鼻の下に小じわがたくさんありませんでしたか?年齢を重ねるとどうしても梅干しシワができやすくなってしまいます。

鼻の下にシワができるのはなぜなのか、シワができないよう予防するエクササイズをご紹介いたします。さらに、他に予防策もありますので、あわせてご紹介いたします。梅干しシワがあるだけで、かなり老けた印象になってしまいますよね。ここでご紹介する予防策を是非お試しになってみてください!

広告

鼻の下にシワができる原因

鼻の下に「梅干しシワ」と呼ばれるシワができる原因はいくつかあります。まず一つは、みなさんもおわかりになると思いますが「加齢」です。年齢を重ねると、肌も一緒に年を重ねることになります。顔にはいくつもの筋肉があり、意識しないと普段あまり使われることのない筋肉もたくさんあります。表情筋が衰えることで、シワができやすくなってしまいます。

その他にも、何気なくやっている毎日のスキンケアや、紫外線をあびることも鼻の下の梅干しシワを作る原因となってしまいます。

さらに、デスクワークや長時間のスマホの使用の時に、下を向いている方がとてもたくさんいます。ですが、これは顔の皮膚を下げてしまいます。意識していないと、どんどん口角が下がり、シワがとれなくなってしまいますので、注意してください。

鼻の下のシワの原因は一つではありません。このような原因が重なり、シワができ、増えていってしまうのです。

鼻の下にできやすい「梅干しシワ」を予防する4つのエクササイズ

鼻の下のシワを予防するエクササイズ

鼻の下の梅干しシワを予防するのに一番効果的なのは、エクササイズです。

<口輪筋エクササイズ>

1.あいうえおの「い」の口の形にして、「い~」と声をだしながら、左右の口角を上に引っ張られるような感じで上げていきます。

2.あいうえおの「う」の口の形にして、「う~」と声をだしながら口をすぼめます。

「い」「う」を10回リピートします。

<膨らましエクササイズ>

1.口をとじ、左右両方のほっぺをふくらまします

2.唇の周りにも空気を送り含まらします。

3.皮膚が張っている状態で10秒カウントします。

ゆっくりとふくらまし、休憩するというのを5~6回程度リピートします。

<あいうえおエクササイズ>

1.大きな口をあけ、顔の筋肉全体を使うように声を出しながら、「あいうえお」をゆっくりと言っていきます。

2.一つ一つゆっくりと、顔の筋肉を全て使って10回程度リピートします。

このエクササイズで、しっかりと顔の表情筋を使うことで、鼻の下のシワだけでなく、ほうれい線や、他の部分のシワなども予防することができます。

<べろまわしエクササイズ>

1.口を閉じ、ベロを左奥歯の表面に当てます。そこからゆっくりと右方向へ移動させます。

2.右奥歯まできたら、次は、右上奥歯表面にベロを当てて左方向へ移動させます。

3.左奥歯までついたら、スタート地点の左奥歯の表面に戻ります。

ベロを左回り、右回り、それぞれ15~20回ずつ行います10回過ぎたあたりから、かなり口周辺の筋肉が使われているのがわかってきます。最初は10回程度から始めて、少しずつ回数を増やしていくのがおすすめです。

広告

エクササイズの他にできること

鼻の下のシワの予防はエクササイズが一番効果的ですが、その他の予防策として、まず一つに「しっかり保湿する」ということです。他の部分のシワも、乾燥するのが原因になりますよね。それと同じです。口の周りの皮膚はとても薄くデリケートな部分です。乾燥しやすいので、しっかり保湿を心がけてください。

また、自分が気づいていないだけで、唇を尖らせたり、すぼめたりしていることがあります。この時の自分の顔を鏡で見てみてください。鼻の下にシワがたくさんできてしまっています。癖まではいかなくても、よくこういう顔をする方は注意が必要です。日頃からそういう口をしないようにしましょう。また、ストローで飲料を飲む時も、口をすぼめることがないよう、意識するようにしましょう。

スマホを使う時などは、目の高さに持ってきたりするなどして、下を向かないようにしましょう。

鼻の下にできやすい「梅干しシワ」を予防する4つのエクササイズ

しっかり予防が大切です

鼻の下のシワ「梅干しシワ」は、シミなどと同様、できてしまってからではなかなか消すことができません。日頃からしっかりと予防対策をしておく必要があります。

今回ご紹介させていただいたエクササイズは、テレビをみながら、家事をしながら、バスタイムに、何かをしながらいつでもどこでも行えるエクササイズばかりです。差し支えがないなら仕事中にでもできてしまいます。今すぐ始められる物ばかりなので、気付いた時にしっかりとエクササイズするようにしましょう。

そして、もう一つ忘れてはいけないのが保湿です。唇はいつも意識して保湿をしていても、ついつい鼻の下は忘れがちになります。とても乾燥しやすい部分でもありますので、シワができやすい目元などと同様のケアをするようにしましょう。

鼻の下のシワは、とても老けて見えてしまいます。しっかりと毎日ケアするようにしてくださいね。