目の下のしわをとる簡単マッサージ方法

しわの中で女性が最も気にものの一つが、「 目の下のしわ 」です。そこで今回は「目の下のしわ」にスポットを当ててみました。

広告

目の下のしわの原因

空気が乾燥してくると気になるのが、目の下のしわですね。この目の下のしわが出来てしまう原因には、どんなことが考えられるのでしょうか?

1.加齢によるもの

加齢によって、目尻の皮膚が下がることで目の下のしわが出来やすくなります。

2.乾燥によるもの

目元の皮膚は他の皮膚に比べてとても薄くて皮脂分泌がほとんどないので、とても乾燥しやすいので しわが出来やすいのです。

3.表情によるもの

その方の骨格や肉づきによって、笑ったりなどの表情によってしわが寄りやすくなります。

4.物理的な刺激が加わることによって

目を強く擦ったり、洗顔の際にアイメイクを落とすつもりが、一緒に目の下も力を入れて擦っていることもあるので、それらの摩擦がしわをつくらせる原因にもなります。

5.目元の皮膚はとてもデリケート

目元の皮膚は、他の顔の皮膚の1/3程の薄さです。皮脂分泌も少なく、目元は常に乾燥しがちです。

広告

しわをとるマッサージの方法

何もつけないでマッサージしたのでは、効果も半減です。必ずアイクリーム、もしくは天然オイルなどを使ってゆっくり優しくマッサージをしましょう。

目の疲れから目元のしわが出来てしまうこともあるので、目の疲れもケア出来る方法もご紹介致します。

1.目元のマッサージ

1.アイクリームを指先に取り、軽く体温で温めます。

2.目の周りに伸ばします。

3.両中指を両目頭にセットします。

4.目頭から上瞼を通って目尻までいったら、目尻から下瞼を通って目頭に戻ります。クリームの滑りが悪くなるまで行わないようにしてください。

指に力を入れずに優しく指を動かします。目の周りの血行を促進するので、クマの改善にも良いですよ!

2.目の疲れを取って血行促進するツボを刺激する

目の下のしわをとる簡単マッサージ方法

目の周りの血行を促進させて、血液や栄養分を運んで肌の再生を促しましょう。お仕事や勉強で目の疲れが気になったら是非押してみましょう。

どのツボも両中指を当て、息を吐きながら押します。数回繰り返して下さい。

(1)攅竹(さんちく)

目頭のくぼみが攅竹(さんちく)になります。疲れ目、目の周りの血行促進に効果的です。

(2)瞳子りょう(どうしりょう)

目尻から横1cm外側に離れた所のくぼみが、瞳子りょう(どうしりょう)になります。肌荒れ、乾燥肌、目の周りのたるみ、 目尻のこじわの改善に良いです。

(3)絲竹空(しちくくう)

眉尻のところにあり、くぼんだところが絲竹空(しちくくう)です。顔のむくみ、しみ、目尻のしわ予防に効果的です。

3.まぶたのストレッチ

1.正面を向いて、目だけ上をぐっと見上げます

2.下まぶたを上まぶたに近づけていき、閉じる直前で5秒止めます

3.1日20回繰り返してください。

4.美顔トレーニング

1.人差し指を、眉毛にそって、2cmほど上に置きます

2.人差し指に力を入れて、眉を下に押し込みます。そして、それに反発するように、眉を上に持ち上げるようにします。

3.この上下運動を5回繰り返します。

4.最後に、上げたまま、30秒キープします。

5.美容液を使う

創業100年を超える化粧品メーカーが作った美容液「トワエッセ」は、しわ、たるみに効果的です。108種の美容成分を含有していて、医学誌にも掲載されたほどの実力が・・!

朝の洗顔後や夜の化粧落とし後に使うだけで、見た目年齢を今よりもぐっと若返らせることができますよ。
>>「トワエッセ」の詳細はこちら

おわりに

これからの季節は空気が乾燥し、目元のしわが気になってきます。

洗顔後、化粧水を浸したコットンを目元にしばらく当てたり、目元専用のシートマスクを使ったりするだけでも、目元がプルプルになって目の下のしわが目立ちにくくなりますよ。

ぜひ、目元に手をかけてあげて下さいね。

YUKIYUKI

5年後、10年後のあなたがより美しくなりますように。